サイトメニュー

熟練した医師を選ぼう

カウンセリング

短期間で自然に綺麗に

ボトックス注射は今やシワ取り美容として多くの方が利用しますが、特性を理解した上で施術を受けることが大切です。まずタンパク質アレルギーをお持ちの方や筋肉注射で以前問題があった方は注射不可能ですので注意してください。ボトックスはボツリヌス菌が作るタンパク質を薬として、筋肉の働きを麻痺させる働きがあります。ボトックス注射で一番大切なのは、熟練した医師を選ぶことです。ボトックスは筋肉量に合わせて、製剤の量を見極める必要があるためです。製剤の量が多すぎると筋肉が引きつり表情が不自然になってしまったり、食事が取りづらくなってしまったりと副作用が出てきます。筋肉の位置をしっかりと確認して、適正量を見極められる医師を選びましょう。尚、注射箇所が赤く腫れることは個人差がありますが誰にでも起こり得ます。お化粧で隠せる程度で、2、3日で腫れは引きますので心配は要りません。効果は注射後2?3日目から現れ始め、3?4ヶ月持続します。2回目の注射は医師と相談して決めますが、必ず3ヶ月以上は間隔を開けるようにしましょう。3ヶ月以内に注射したり、あまりにも頻繁に行ったりすると抗体ができて効果が出ませんので注意が必要です。もともとボトックス注射は瞼がピクピクする眼瞼痙攣や脳卒中などで生じる身体の強張りやつっぱりに対する治療として医療面で使用されているものですが、今ではおでこや目尻のシワ取り美容として美容面での認知度の方が高くなっています。ボトックス注射は整形手術とは違い、徐々に効果が出るため周りからは気づかれにくく自然に綺麗になれるのが魅力の1つです。また初回の効果は3?4ヶ月持続しますが、2回目以降は回を重ねる毎に持続期間も長くなっていきます。通常1年で2、3回注射する方が多く、最終的には2年に1回程度の注射になる方もいます。シワ取りの効果以外にも、エラに注射することでエラ張りを改善してシャープな小顔にしたり、ふくらはぎや二の腕を細くしたりとスリム効果もあります。継続して注射することで筋肉が戻りにくく効果がより持続します。また意外にもボトックスには汗腺の働きを弱め発汗を抑える効果もあるのです。そのため脇、手の平、足の裏など多汗症の治療にも使用されています。