憧れの脚線美へ|ボトックス注射でモデルのような小顔に【注射するだけで良くできる】

サイトメニュー

憧れの脚線美へ

注射

ふくらはぎをスリムに

どんなにダイエットをしても、ふくらはぎだけが一向に痩せないという状況は少なくありません。多くの場合、ふくらはぎは意外に脂肪が少なく、大半が筋肉で構成されていることにも由来します。このため、もしもジョギングなどの運動が中心のダイエットなら、一生懸命やればやるほど、ふくらはぎが鍛えられて逞しくなる訳です。そんな時に重宝するのが美容整形外科のボトックス注射で、この施術を受ければ、ふくらはぎを手軽に細くできます。ボトックス注射は筋肉の伸縮運動を弱らせる効果がありますから、ふくらはぎに打てば、筋肉の動きが減ってスリムになるのです。本来、ふくらはぎの筋肉は自分の意識で制御するのは難しく、歩行をはじめ、日常生活では無意識のうちに使ってしまいます。ところがボトックス注射なら、神経伝達物質がやり取りされる段階で阻止しますので、確実に筋肉運動を抑えられるのがメリットです。ボトックス注射をすれば、後はゆっくりふくらはぎがスマートになっていきますから、運動などをする必要はありません。外科手術ではないため、ボトックス注射には効果の有効期限があり、概ね半年後に効き目が終われば美脚効果も弱くなります。ですが、効き目が切れる頃合いを見計らって再注射すれば、持続期間も延びますから、クリニックを選ぶ時はその点も考慮しましょう。例えば施術を複数回受ける場合、費用もそれだけ掛かるため、各院の料金をチェックして、予算的に無理のない美容整形外科をお探しください。そして、定期的に通う都合上、立地的に行きやすいクリニックや、相性の良いドクターを選ぶことが肝心です。また、ボトックス注射は施術間隔が短くても効果が得られませんので、適切な治療サイクルを提案してくれる医師を選びます。期間を空けずに連続してボトックスを打ちますと、体に抵抗力がついてしまい、ボトックスの効果も落ちるのが理由です。そのためボトックス注射の治療先選びでは、無視できない基準の1つとなっています。さらに、何度も注入する場合は安全面に配慮することも大切ですから、不純物が少ない上質なボトックスを使うクリニックへ申し込みましょう。